© 2018 AutoInsight, Inc

検索
  • autoinsight

日経ビジネスオンラインの連載第10回が掲載されました


日経ビジネスオンラインの連載コラム「クルマのうんテク」の第10回が掲載されました。

今回取り上げたのは、「燃費を向上させるためのターボエンジン」です。

欧州ではターボエンジンが燃費向上技術の柱になりつつあります。

この流れに後れていた日本メーカーも、相次いで「燃費ターボ」を商品化しつつあります。

トヨタ自動車は新型SUVの「Lexus NX」に、新開発の排気量2.0Lターボエンジンを搭載しました。

私たちが学生だった30年前は、ターボといえば出力は高いものの燃費が悪いエンジンの代名詞でした。

ターボというのは、排気のエネルギーを利用してエンジンを高出力化するもの、

というイメージがあったので、なぜターボで燃費が悪くなるのか、当時から不思議でした。

そのターボが、ようやく本来の「エンジンの効率を向上させる道具」になりつつあるようです。

では、ターボはどのようにして燃費を向上させる道具に返信したのか。

詳細はぜひコラムをご覧ください。

「クルマのうんテク」の記事はこちらです。


0回の閲覧