検索
  • autoinsight

日経ビジネスオンラインの連載コラム第26回は、新型エンジンを搭載したトヨタ「オーリス」を取り上げました


欧州のCセグメントといえば、ドイツ・フォルクスワーゲン社の「ゴルフ」が代表的な車種といえます。2012年に登場した7代目のゴルフは、同社の新しいプラットフォーム「MQB」を採用し、高水準の乗り心地や操縦安定性を実現したとして、このクラスの新しいスタンダードを築いています。トヨタ自動車の欧州戦略車種として投入されたオーリスは、7代目ゴルフに対抗すべく、この4月のマイナーチェンジで、新開発の1.2L直噴ターボガソリンエンジンを搭載しました。新型1.2Lエンジンを搭載した新型オーリスの走りはゴルフを凌いだのか。詳細は日経ビジネスオンラインの連載コラム「クルマのうんテク」第26回をご覧ください。


0回の閲覧

© 2018 AutoInsight, Inc